IELTSのライティングの勉強法とは?テンプレートを作ればスコアが上がる!

IELTSのライティングの勉強法とは?テンプレートを作ればスコアが上がる!


今回は私が実践したIELTS(アカデミックモジュール)のライティングの勉強法を詳しく説明していきます!

IELTSでライティングスコア6.0〜6.5を取得することを目標としている人向けの記事です!

※ただし、あくまでも私個人の勉強法なので皆さんに合うとは限りません。

関連記事

大学院留学や交換留学などでIELTSのスコアが必要という方もいると思います。バークレーハウス語学センターでは、IELTS対策のレッスンが充実しているということをご存知でしょうか? この記事では、バークレーハウス語学センターの基本情報や[…]

バークレーハウス語学センターでIELTS対策! 評判や口コミもご紹介!


IELTSのライティングの勉強法とは?テンプレートを作ればスコアが上がる!

IELTSとは

IELTSのライティングの勉強法とは?テンプレートを作ればスコアが上がる!

まず、IELTS(アイエルツ )の試験について説明します。

IELTSとは「International English Language Testing System」の略称で、海外大学・大学院や海外移住、海外企業就職の際に英語能力を証明する英語運用能力評価試験です。IELTSは、TOEICとは違ってリスニング・リーディング・ライティング・スピーキングの4技能を測ることができます。

IELTSには、以下の2つのモジュールがあり、どちらも4技能をテストします。

  • アカデミック・・・大学や大学院、プロフェッショナルな機関への登録申請を目的とする試験
  • ジェネラルトレーニング・・・日常生活の英語、英語圏での研修、移住などを目的とする試験

今回は、アカデミックモジュールのライティングセクションについて解説していきます。

IELTS 6.0〜6.5のレベルはどれくらい?

IELTS6.0〜6.5のレベルについて解説していきます。

IELTSと他の英語試験とのスコア換算表

IELTSとTOEIC/英検/TOEFL iBTとのスコアの比較は、以下の通りです。

IELTS TOEIC 英検 TOEFL iBT
9 118~120
8.5 115~117
8.0 110~114
7.5 970~990 102~109
7.0 870~970 1級 94~101
6.5 820~870 79~93
6.0 740~820 準1級 60~78
5.5 600~740 46~59
5.0 550~600 2級 35~45
4.5 500~550 32~34
4.0 450~490 準2級 ~31
3.5 300~440
3.0 291~299 3級
2.5 270~290
2.0 260~269 4級
1.5 100~259 5級

上記の表より、IELTS6.0〜6.5のレベルは英検でいうと「準1級」くらいのレベルと言えます。英語初心者の場合は、多くの人がしっかり勉強しないと取れないスコアだと思います。

ライティングスコア6.0〜6.5のレベルとは

ライティングセクションでのスコアの基準は、ブリティッシュカウンシルとidpによると以下の通りになります。

タスク1のスコア基準

ライティング評価基準ータスク1

IELTS TASK 1 Writing band descriptors (public version)

スコア6.0
課題への達成度
  • 課題の必要な条件に触れている
  • 主要なポイントが書けている
  • 重要な点を十分に書けているが、詳細部分がうまく書けていない
一貫性とまとまり
  • 情報や意見を首尾一貫して配置し、全体的に明確な連続性がある
  • 接続詞を効果的に使っているが、文中や文章間にある接続詞が誤っていたり機械的である
  • 常に参照を明確に、適切に使えていない
語彙力
  • 課題に対する十分な範囲の語彙を使用している
  • 一般的でない語彙の使用を試みているが時々不正確である
  • スペルミスや語形成が見られるが、コミュニケーションを妨げるものではない
文法知識と正確さ
  • 簡単な構文と複雑な構文を使用している
  • 文法と句読点に間違いが見られるが、コミュニケーションを妨げるものではない

タスク2のスコア基準

ライティング評価基準ータスク2

IELTS TASK 2 Writing band descriptors (public version)

スコア6.0
課題への回答
  • 全体的に含めなければならない情報はあるが、詳しく述べられていない部分もある
  • 関連性のある見解を示しているが、結論が明確でないもしくは重複している
  • 関連性のある主要な意見を示しているが、詳細に欠けたり明確でない
一貫性とまとまり
  • 情報や意見を首尾一貫して配置し、全体的に明確な連続性がある
  • 接続詞を効果的に使っているが、文中や文章間にある接続詞が誤っていたり機械的である
  • 常に参照を明確に、適切に使えていない
  • 段落分けされているが必ずしも論理的でない
語彙力
  • 課題に対する十分な範囲の語彙を使用している
  • 一般的でない語彙の使用を試みているが時々不正確である
  • スペルミスや語形成が見られるが、コミュニケーションを妨げるものではない
文法知識と正確さ
  • 簡単な構文と複雑な構文を使用している
  • 文法と句読点に間違いが見られるが、コミュニケーションを妨げるものではない

上記の表の通り、タスク1と2のスコア基準はほとんど同じですね。

簡単にまとめると、ライティングセクションで6.0〜6.5を取得するには単語や構文が適切に使用できていて且つ間違いが少ない状態であると言えるでしょう。


IELTSのライティングの勉強法とは?テンプレートを作ればスコアが上がる!

私が実践した勉強法

私が、IELTSのライティング用に実践した勉強法を、以下でご紹介します。

ターゲットバンド7で勉強する

シモーネ・ブレイバーメン著の「Target Band 7: IELTS Academic Module – How to Maximize Your Score (second edition)」を参考にライティングのコツを勉強しました。

Target Band 7: IELTS Academic Module – How to Maximize Your Score (Third Edition)

新品価格
¥2,306から
(2021/5/19 15:54時点)

タスク1と2毎にTipsが詳しく書かれているので高スコアを取得した人は参考にした方が良いでしょう。

ネットに載ってるモデルアンサーをひたすら書き写す

私は、ネットに載っているライティングテストのモデルアンサーをひたすらノートに書き写していました。もちろん書き写すだけでは効果がないと思っていたのでしっかり分析をし、まとめていました。

分析では、以下の点に着目していました。

  • レベル高そうな単語、熟語、構文
  • 文の構成
  • 接続詞の使用
  • 全体的な文字数

ネットに載ってる情報は正確でなくあてにならないと初めは思ったのですが、確実に自分の文章よりはレベルが高かったので参考にしました。しっかり色々なサイトを見比べて自分に合ったサイトを探しましょう。以下、モデルアンサーを書き写したのに使用したサイトです。

IELTS Mentor

IELTSのライティングの勉強法とは?テンプレートを作ればスコアが上がる!

IELTS Mentorのページはこちら

IELTS-Exam.net

IELTSのライティングの勉強法とは?テンプレートを作ればスコアが上がる!

IELTS-Exam.netのページはこちら


IELTSのライティングの勉強法とは?テンプレートを作ればスコアが上がる!

IELTS Academic

IELTSのライティングの勉強法とは?テンプレートを作ればスコアが上がる!

IELTS Academicのページはこちら

ネットに載ってる情報を参考にする

私は特に参考書など買っていなかったのでネットの情報に頼りました。以下のサイトの情報を一番参考にしました。

IELTSライティング徹底対策|7.0を獲得する勉強法とコツ

こちらのサイトは7.0を取得したい人用の記事だと思いますが、7.0を目指してテスト対策した方が6.0以上のスコアは容易に取りやすくなるのではないかと感じ参考にしていました。

タスク2のイントロの書き方や文の構成などとても詳しく書かれているので必見です!

Youtubeを参考にする

意外とYoutubeにもIELTSのヒントが転がっています。

Fastrack IELTS

こちらのチャンネルはIELTSの解くコツを丁寧に聞き取りやすい英語で解説しています。

サンプルアンサーを紹介している他、使いやすい接続詞や正しい文構成についても解説しているので見ていて損はないです。ライティング以外にも他のセクションのTipsも充実しているのでおすすめです。

IELTS用の単語帳から必要性が高そうなレベルの高い語彙をノートにまとめる

私は以下の単語帳「実践IELTS英単語3500」に掲載されているエッセイで必要性が高そうな英単語をノートにまとめていました。

実践IELTS英単語3500 International English Lan [ 内宮慶一 ]

価格:2,750円
(2020/8/13 18:16時点)
感想(6件)

まとめ方としては動詞(自動詞、他動詞)・名詞・副詞・形容詞のカテゴリーごとに視覚的にわかりやすくまとめるようにしました。以下、実際に私が「他動詞」をまとめたものです(とても字が汚いです)。

IELTSのライティングの勉強法とは?テンプレートを作ればスコアが上がる!

ノートにまとめるとき重要なのが類義語を書くことです。類義語はレベルの高い語だけでなくレベルの低い語も一緒に書くと覚えやすくていいと思います。

そして、書いてまとめるだけではボキャブラリーアップには繋がりません。できるだけまとめたノートをこまめに見て暗記しましょう

おすすめは朝起きてからと夜寝る前にさらっと見ることです。特に寝る前に見ると効果的だと思います。


IELTSのライティングの勉強法とは?テンプレートを作ればスコアが上がる!

エッセイを書くコツ

私はIELTS専門家でも教師でもないので詳しいことは提供できませんが、私が書ける最大限の範囲でエッセイを書くコツを紹介します。

テンプレートを作る

私はタスク1とタスク2用にそれぞれテンプレートを作っていました。

テンプレートを使ったことによってスコアが毎回最低でも6.0以上は取れるようになりました。しかし、用意するテンプレートが文法的に間違っていたりした場合は減点になってしまうので注意が必要です。

テンプレートを作成する際に参考にしたのは先ほど紹介した以下のサイトです。

IELTSライティング徹底対策|7.0を獲得する勉強法とコツ

テンプレートを作る際はIELTSの指導教官に添削してもらうか、ネットに載っている正確性の高い情報を参考にした方が良いでしょう。

テンプレートを作ると作ってないとでは安心感が全然違いますよ。


IELTSのライティングの勉強法とは?テンプレートを作ればスコアが上がる!

副詞で文章に色をつける

副詞をつけるだけで文章に色がつきます

例えばタスク1で線グラフの割合に上昇がみられた場合、「The ratio increased to 25%」と書くよりは「The ratio increased steadily to 25%」の方が変化のスピードを表せてより詳細に書くことができます。

以下、主にタスク1で私が実際に使用した変化のスピードを表す副詞です。

わずかに
  • slightly
  • gently
  • marginally
かなり
  • significantly
  • considerably
  • substantially
  • appreciably
急激に
  • wildly
  • sharply
  • steeply
急速に
  • rapidly
  • apace
劇的に
  • dramatically
  • drastically
着実に
  • steadily
  • constantly(順調に)
控えめに
  • moderately

タスク2においても副詞は忘れず使用した方がいいです。

例えば「It is connected to ~」と言いたい場合、「It is inextricably(密接に) connected to ~」と書いた方がより具体化されます。自分でエッセイで活用できそうないろんな副詞を探してみてください。

以下の記事では増加や減少などの動詞をまとめてます。ぜひご活用ください。

関連記事

今回は、IELTSのライティング試験のタスク1で使える【状態の変化を表す動詞】をご紹介していきます! [sitecard subtitle=関連記事 url=https://ryota310.com/ielts-writing-how[…]

【IELTSライティング対策】タスク1で使える状態の変化を表す動詞を紹介!

ターゲットバンド7を参考にする

先ほど紹介したシモーネ・ブレイバーメン著の「Target Band 7: IELTS Academic Module – How to Maximize Your Score (second edition)」を参考にしました。

Target Band 7: IELTS Academic Module – How to Maximize Your Score (Third Edition)

新品価格
¥2,306から
(2021/5/19 15:54時点)

どの参考書にも載っていないような情報ばかりで本当におすすめしたい本の内の1つです。この本を一冊やり込めば必ずスコアが伸びます。ここでは内容は公開できないのでぜひご自身の目で確認してみてください!


IELTSのライティングの勉強法とは?テンプレートを作ればスコアが上がる!

最後に

IELTSのライティングセクションは、一旦コツを掴んでしまえば一番楽なセクションになると感じています。

とにかく語彙力を高めること、文法力を高めること、情報を瞬時に分析できる力をつけることに尽きると思います。

練習すれば誰でもエッセイをかけるようになるので諦めず頑張ってください!

YouTubeも始めたので、良ければご覧ください!

関連記事

大学院留学や交換留学などでIELTSのスコアが必要という方もいると思います。バークレーハウス語学センターでは、IELTS対策のレッスンが充実しているということをご存知でしょうか? この記事では、バークレーハウス語学センターの基本情報や[…]

バークレーハウス語学センターでIELTS対策! 評判や口コミもご紹介!

当サイトで利用中のWordPress テーマ

【THE THOR(ザ・トール)】

国内最高水準のページ表示速度を実現し、最先端のSEO対策が施されたテーマです。

デザイン性やカスタマイズ性も高く、自分だけのオリジナルサイトが作成できます。

↓ご購入はこちらからどうぞ!↓

【THE THOR(ザ・トール)】

IELTSのライティングの勉強法とは?テンプレートを作ればスコアが上がる!
最新情報をチェックしよう!