IELTSのスピーキングの勉強法とは?英語を読む習慣をつけよう!

IELTSのスピーキングの勉強法とは?英語を読む習慣をつけよう!

今回は私が実践したIELTS(アカデミックモジュール)のスピーキングの勉強法を詳しく説明していきます!

IELTSでスピーキングスコア6.0~6.5を取得することを目標としている人向けの記事です!

※ただし、あくまでも私個人の勉強法なので皆さんに合うとは限りません。

関連記事

今回は私が実践したIELTS(アカデミックモジュール)のリスニングの勉強法を詳しく説明していきます! IELTSでリスニングスコア6.0~6.5を取得することを目標としている人向けの記事です! ※ただし、あくまでも私個人の勉強法[…]

IELTSのリスニングの勉強法を公開!解き方のコツとは?

IELTSとは

IELTSのスピーキングの勉強法とは?英語を読む習慣をつけよう!

まずIELTS(アイエルツ )の試験について説明します。

IELTSとはInternational English Language Testing Systemの略称で、海外大学・大学院や海外移住、海外企業就職の際に英語能力を証明する英語運用能力評価試験です。

IELTSはTOEICとは違ってリスニング・リーディング・ライティング・スピーキングの4技能を測ることができます。

IELTSには以下の2つのモジュールがあり、どちらも4技能をテストします。

  • アカデミック・・・大学や大学院、プロフェッショナルな機関への登録申請を目的とする試験
  • ジェネラルトレーニング・・・日常生活の英語、英語圏での研修、移住などを目的とする試験

今回はアカデミックモジュールのスピーキングセクションについて解説していきます。

IELTS 6.0~6.5のレベルはどれくらい?

IELTS6.0のスコアはどのくらいのレベルなのか解説します。

IELTSと他の英語試験とのスコア換算表

IELTSとTOEIC/英検/TOEFL iBTとのスコアの比較は以下の通りです。

IELTS TOEIC 英検 TOEFL iBT
9 118~120
8.5 115~117
8.0 110~114
7.5 970~990 102~109
7.0 870~970 1級 94~101
6.5 820~870 79~93
6.0 740~820 準1級 60~78
5.5 600~740 46~59
5.0 550~600 2級 35~45
4.5 500~550 32~34
4.0 450~490 準2級 ~31
3.5 300~440
3.0 291~299 3級
2.5 270~290
2.0 260~269 4級
1.5 100~259 5級

上記の表より、IELTS6.0~6.5のレベルは英検でいうと「準1級」くらいのレベルと言えます。

英語初心者の場合は多くの人がしっかり勉強しないと取れないスコアだと思います。

スピーキングスコア6.0~6.5のレベルとは

スピーキングセクションでのスコアの基準はブリティッシュカウンシルとidpによると以下の通りになります。

スピーキング評価基準

IELTS Speaking band descriptors (public version)

スコア6.0
流暢さと一貫性
  • 長々と詳細に話そうとするが時々繰り返し、言い直し、ためらいがあるため一貫性を失うことがある
  • 幅広い接続詞を使えるが常に適切ではない
語彙力
  • 長々と話題について議論できる十分な語彙力を持っていて、不適切な場合でも意味を明確にできる
  • 大体正確に言い換えができる
文法知識と正確さ
  • 簡単な構文と複雑な構文を混ぜて使えるが柔軟性に欠ける
  • 複雑な構文を使用しているときは頻繁に間違いをするが、理解に問題が出るようなものではない
発音
  • 幅広い発音の特性を使えるがコントロールは不安定
  • 特性を効果的に使えるときもあるが一定でない
  • 大体理解できるが、個々の単語や発音の間違いが見られる
スコア7.0
流暢さと一貫性
  • 目立った努力をせずにまたは一貫性を失わずに長々と詳細に話せる
  • 時々口ごもることがあったり、繰り返しや言い直しがある
  • 幅広い接続詞を柔軟に使える
語彙力
  • 様々な話題を議論する時に柔軟に語彙を使用できる
  • 一般的でない語彙を使用したり、表現や単語の配置にも配慮できるが不適切な選択をすることもある
  • 効果的に言い換えができる
文法知識と正確さ
  • 幅広い複雑な構文を柔軟に使える
  • 間違いのない文章を作れることも多いが、文法的なミスはいくつか存在する
発音
  • バンド6の全ての良い特徴と、バンド8の良い特徴を部分的に持っている

上記の表より、スピーキングスコア6.0を取得するには、ミスはありつつも長く話そうとする姿勢・それなりに広い語彙力が必要であると言えるでしょう。

スピーキングスコア6.5を取得するには、バンド6.0を特徴を全て押さえていること且つバンド7の特徴を少し押さえていることが条件になってくると思います。

私が実践した勉強法

質問を用意して答えを暗記する

パート1で出るであろう質問を用意してそれらに対する答えを暗記しました。この方法は明らかに裏技ですね。

私はAtsueigoでおなじみのATSUさんが記事で紹介していた例題110個に対する答えを全て紙に書き写し暗記しました。

IELTSスピーキングで8.5を取った私が対策で使った例題110選

IELTSで問われる質問のカテゴリーの範囲は大体明らかにされています。

質問に対する答えの作り方として単に自分なりの答えを用意するのも良いのですが、その場合だと回答に語彙力や文法ミスがある可能性があるのでネットに転がっているモデルアンサーを参考に回答を作りました

そのため暗記するのもとても大変で毎日音読練習しないとすぐに忘れてしまいます。

しかし暗記してしまえば当日のテストは本当に楽ですし、パート1で良いスタートダッシュが切れればパート2、パート3と順調にいきやすくなります。

(ここだけの話、色々血迷ってパート1用に暗記した回答をパート2で複数個丸々そのまま繋げて述べたらスピーキングのバンドスコア6.5も取れました。ただしリスキーなのであんまりやらないほうがいいです。)

英語を読む習慣をつける

英語を読む習慣をつけることも大事です。

先ほど紹介した質問の答えを読み上げたり、英語の動画を見て聞いてシャドーイングするなどしていました。

そうすることによって自然と英語脳になり、英語も聞き取りやすくなると思います。5分でも10分でも英語を口に出す習慣をつけるだけでも全然違ってくると感じました。

シャドーイングは主にTEDx Talksの動画で行なっていました。

Youtubeに載ってる動画を参考にする

Youtubeに載っている実際のスピーキングテストの動画を参考にしました。

バンドスコア別に動画が上がっているので自分の目標スコアはどのくらいの英語力で取得できるのかなんとなくわかると思います。

以下の動画はバンドスコア7.0の例です。

動画に出ている試験官の質問に実際に答える練習をすると当日のテストでも答えやすくなると思います。

英語で独り言を言う

頭の中で考えていることをたまに英語で口に出すと自分の英語がよりわかると思います。

英語で言えない時は調べるなどするとボキャブラリーアップにも繋がります。

とにかく日常の生活の言語を英語にすると効果が現れてくるでしょう。

他に知っておくべきこと

沈黙を作らない

話している時に沈黙する時間を作ってしまうと減点になってしまいます。

どうしても答えが思い浮かばない時は、以下のフレーズを使ってみてください。

  • Off the top of my head, (私がすぐに思いつくのは、)
  • As far as I know,(私の知る限りでは、)
  • I’ve never thought about that question, but I would say that…(今まで考えたことないけど私の考えでは〜)
  • That’s a tough question.(難しい質問ですね)
  • Well. Let me see…(ええと…)

などなど。他にもいろんなフレーズがあると思うので探してみてください!

質問が分からなかったら聞き返す

試験官の質問が理解できない時は潔くもう一度質問してもらうように聞き返しましょう

質問するときは以下のフレーズを使うと良いでしょう。

  • Could you say that again, please?
  • Could you repeat that question, please?
  • Would you mind repeating that?

質問の中の単語の意味がわからないような時は以下のフレーズを使いましょう。

  • Could you explain the meaning of —?

聞き返すこと自体は減点にはならないので安心して聞き返しましょう。

ただ聞き返す回数が極端に多いと会話が成り立たないので減点になってしまうかもしれません。

最後に

IELTSのスピーキングはTOEFLと違って対面式であるのでリラックスして望めると思います。

毎日何かしら英語を話すと英語への抵抗がなくなるのでおすすめです。

継続することが重要なので3日坊主にならないように注意しましょう!

関連記事

今回は私が実践したIELTS(アカデミックモジュール)のライティングの勉強法を詳しく説明していきます! IELTSでライティングスコア6.0〜6.5を取得することを目標としている人向けの記事です! ※ただし、あくまでも私個人[…]

IELTSのライティングの勉強法とは?テンプレートを作ればスコアが上がる!

当サイトで利用中のWordPress テーマ

【THE THOR(ザ・トール)】

国内最高水準のページ表示速度を実現し、最先端のSEO対策が施されたテーマです。

デザイン性やカスタマイズ性も高く、自分だけのオリジナルサイトが作成できます。

↓ご購入はこちらからどうぞ!↓

【THE THOR(ザ・トール)】

IELTSのスピーキングの勉強法とは?英語を読む習慣をつけよう!
最新情報をチェックしよう!