【大学生必見】iPadでノートをとるメリット・デメリットは?

【大学生必見】iPadでノートをとるメリット・デメリットは?

iPadで授業のノートをとるか、紙のノートに書くか悩んでる大学生の方はいませんか?断然、iPadがおすすめです!私は大学院からiPadを使い始めたのですが、もっと早くiPadの魅力を知っておけばよかったと後悔しています。

この記事では、iPadでノートをとるメリット・デメリット、おすすめのiPadモデル・機種・ノートアプリをいくつかご紹介していきます。

関連記事

勉強するときに、iPadをノートとして使いたい学生も多いと思います。実はAppleでは、学生・教職員向けの学割で、Apple製品を通常よりも安く購入できることをご存知ですか?先日、私もAppleの学割を適用して、通常価格よりも17,000円[…]

Appleの学割でiPadをおトクに購入できる!学割の条件・割引額・注意点などをご紹介!

iPadでノートをとるメリット

iPadでノートをとるメリットは、次の通りです。

  • PDFファイルに直接書き込める
  • 検索機能で必要な情報を探せる
  • 管理がしやすく荷物がかさばらない
  • ペンのインク切れやノート不足を気にしなくて良い
  • 写真や画像をノートに挿入できる

以下で、詳しく説明していきます。

PDFファイルに直接書き込める

授業のスライドや、論文などのPDFファイルに直接書き込むことができます。

最近では、コロナ禍ということもあって授業資料はオンラインで配布されることが多いと思います。PDFファイルに直接書けることで、それらの資料をいちいち印刷する負担も減ります。

検索機能で必要な情報を探せる

ノートアプリの検索機能により、ノートに書いた情報やPDFファイルにある情報を瞬時に探し出すことができます。いちいちノートをパラパラめくって探す必要もありません。

ノート持ち込みできるオンラインの試験の時は、この検索機能が大活躍します。

管理がしやすく荷物がかさばらない

すべての授業のノートがiPad1枚に収まるので、管理がしやすく荷物がかさばりません

焦って授業に行く準備をしてるときも、ノートを探すことなくiPadだけカバンに入れるだけで良いので便利です。

ペンのインク切れやノート不足を気にしなくて良い

ペンのインクやノートの枚数も減ることはないので、使いたいだけ使うことができます。

ただし、Apple Pencilは充電が切れるとタッチパネルに反応しなくなるので、こまめに充電しましょう。

写真や画像をノートに挿入できる

写真や画像をノートに簡単に挿入できます。写真が画像を挿入することで、より理解しやすいノート作りをすることができます。

iPadでノートをとるデメリット

iPadでノートをとるデメリットは、次の通りです。

  • 目が疲れる
  • バッテリー・充電が切れると使えない
  • 初期費用が高い
  • ノート持ち込みの試験では持ち込めない可能性も

以下で、詳しく説明していきます。

目が疲れる

iPadを長時間使用するとブルーライトを浴びるので目が疲れやすくなります

iPad本体の設定で、画面の明るさを下げたり、Night Shiftをオンにすることで目の疲れを軽減できるので、長時間使用する際は確認してみてください。

バッテリー・充電が切れると使えない

当然ですが、iPadのバッテリー・充電が切れると使えなくなります

そのため、iPadを持ち運ぶ際は必ず充電ケーブルを持参しましょう。充電ケーブルさえあれば、それをMacBookに接続することでiPadの充電ができます。

初期費用が高い

iPadは初期費用が高いです。3機種のiPad本体料金は、以下の通りです。

  • iPad:3万〜6万前後
  • iPad Air:6万円〜8万円前後
  • iPad Pro:8万〜12万前後

どの機種も、手軽に購入できるような金額ではありません。

また、iPad本体に合わせて購入するものは以下の通りです。

  • Apple Pencil 第2世代(14,740円)
  • iPadの画面保護フィルム(1,000円〜)
  • iPadの本体ケース(1,000円〜)

iPad本体やApplenPencilは分割払いができるので、一括で支払うのが難しい方は分割購入しましょう。

ノート持ち込みの試験では持ち込めない可能性も

大学の試験では、iPadの持ち込みは禁止されていることもあります。そのため、せっかくノートを取ったのに、意味がなかったということになりかねません。

授業でノートをとる際には、一度教授にテストの条件を聞いてみると良いかもしれません。

関連記事

勉強のときにノートをよくとる方や、絵をよく描く方におすすめなのが「ペーパーライクフィルム」。私も大学院の授業用に、ペーパーライクフィルムをiPadに貼っているのですが、本当にノートみたいな感覚で書けるので満足しています。 この記事では[…]

【2021年版】おすすめのiPad用ペーパーライクフィルム10選

おすすめのiPadモデルはWi-Fiモデル

iPadを購入する場合は、Wi-Fiモデルがおすすめです。

ノートアプリはオフラインでも使えますし、大学構内では無線LANが使えるので、Wi-Fiモデルで十分だと思います。僕自身もWi-Fiモデルを使っていますが、一切不便を感じてません。

場所に関わらずネット接続をしたいという方は、Wi-Fi+Cellularモデルを選択しましょう。

おすすめのiPad機種はiPad Air 4

画面のサイズ・重さ・本体料金などを総合的に評価して、おすすめのiPad機種はiPad Air 4になります。論文を読むのに無印iPadだと画面が少し狭く、重いので、iPad Air 4だとその部分がちょうど良く改善されています。

本体料金 重さ(Wi-Fiモデル) サイズ
無印iPad(第9世代) 64GB:36,800円

256GB:53,800円

487g 10.2インチ
iPad mini(第6世代) 64GB:53,800円

256GB:69,800円

293g 8.3インチ
iPad Air(第4世代) 64GB:63,580円

256GB:82,280円

458g 10.9インチ
iPad Pro 11インチ(第3世代) 128GB:88,800円

256GB:100,800円

466g 11インチ
iPad Pro 12.9インチ(第5世代) 128GB:117,800円

256GB:129,800円

682g 12.9インチ

参照元:Apple公式サイト

iPadでノートをとるならGoodNotes5がおすすめ!

iPadでノートをとる場合、使うノートアプリはGoodNotes5がおすすめです。

【大学生必見】iPadでノートをとるメリット・デメリットは?

GoodNotes5でできることを、以下にまとめました。

  • 写真や画像の貼り付けが可能
  • マーカーやペンの色の種類が豊富
  • フォルダ分けがしやすく、授業ごとにまとめられる
  • 「検索機能」で必要な書類を瞬時に見つけられる
  • 図形を描くと綺麗に修正してくれる
  • ノートの種類が豊富で使い分けができる
  • PDFファイルをそのまま取り込める
  • 選択ツールで書いた文章などをコピペや移動できる

MacBookでもGoodNotes5は使用できるので、iPadと同期することもできます。実際にGoodNotes5を使用してみれば、このアプリの使いやすさがわかると思います!

大学のノートはiPadで!

ここでは、iPadでノートをとるメリット・デメリット、おすすめのiPadモデル・機種・ノートアプリをいくつかご紹介しました。

大学の授業のノートはiPadでとるのが効率的でおすすめです。iPadが高くて購入できないという方でも、分割払いで購入ができるので検討してみてはいかがでしょうか。

関連記事

勉強のときにノートをよくとる方や、絵をよく描く方におすすめなのが「ペーパーライクフィルム」。私も大学院の授業用に、ペーパーライクフィルムをiPadに貼っているのですが、本当にノートみたいな感覚で書けるので満足しています。 この記事では[…]

【2021年版】おすすめのiPad用ペーパーライクフィルム10選

当サイトで利用中のWordPress テーマ

【THE THOR(ザ・トール)】

国内最高水準のページ表示速度を実現し、最先端のSEO対策が施されたテーマです。

デザイン性やカスタマイズ性も高く、自分だけのオリジナルサイトが作成できます。

↓ご購入はこちらからどうぞ!↓

【THE THOR(ザ・トール)】

【大学生必見】iPadでノートをとるメリット・デメリットは?
最新情報をチェックしよう!